2014 – 2015年度 会長挨拶

新年度を迎えて

会長 市瀬 與彦

皆様にご推挙いただき、東京銀座新ロータリークラブの今年度会長を務めさせていただくことになりました。浅学菲才にて、大役が果たせるか不安ですが、歴代会長はじめ諸先輩が築いてこられた伝統と文化を継承しつつ時代の要請に対応し、より充実したクラブ運営を図ってまいりたい。
さて、2014-15年度、台湾出身のRI会長ゲイリーC.K.ホァン氏の掲げるテーマは「ロータリーに輝きを」(Light Up Rotary)です。大学の一節「まず自分の行いを正しくし、次に家庭を整え、次に国家を治めてこそ、天下が平和になる」を引用して孔子を「元祖ロータリアン」とみなし、また「34,000を超える地域社会でクラブを強化しロータリーに輝きをもたらせば、ロータリーの奉仕で世界に輝きをもたらすことができる」と述べている。
強調事項は  ①ポリオ撲滅、②会員増強の推進、 ③ネットワークの拡大と強化、 ④ロータリーデイの開催の4項目。
これを受けて、2750地区のテーマは「充実したロータリーライフを送ろう」(Let’s have fruitful Rotary life)、強調事項は、①クラブのサポート強化 ②地域のニーズに合った奉仕活動の推進 ③公共イメージの向上の3項目です。
また、「会員増強について純増5%」、「ロータリー財団への年次寄付を1人150ドル以上」、その他「ポリオ・プラス指定寄付」、「恒久基金(べネファクター)」、「大口寄付」と「米山記念奨学金」への支援目標を掲げている。
当クラブは、ロータリーの理念を再認識しRIと地区のテーマ・強調事項に則りながら、創立以来の理念「和やかで、楽しく、格調高いクラブ」に磨きをかけ、「さらに魅力あるクラブ・誇りの持てるクラブ」を目指したい。
そのために会員相互が、また来会者に対しても、より一層「おもてなし」の気持ちで接すると同時に、前年度同様「全員参加・参画」を心掛けて「ふれあい」の機会を増やし、委員会・親睦行事・同好会等を活発に行っていくことが重要です。伝統を守りながらも時代の変化に対応した変革も重要ですので、活性化のためのユニークな発想・忌憚ないご意見も期待する次第です。
併せて会員増強・基盤強化を図り、当クラブなりの親睦と奉仕活動を通じて社会への更なる貢献を果たして参りたい。
具体的には各委員会の「方針と計画」に基づいて運営してまいります。
1、和やかで多様な例会運営、ビジター対応、コミュニケーションの促進
2、多彩な親睦活動と融和の促進
3、会員維持と10%の会員増強、純増5%以上
4、職業を通じた奉仕と研修の推進
5、植樹・清掃活動の継続と地域のニーズに沿った社会奉仕
6、国際奉仕の検討と実施
7、ローターアクトへの支援
8、財団・米山奨学事業への寄付・支援
9、会報・情報の共有、広報・ホームページの充実
10、卓話の充実
当クラブには心豊かで有能な方が大勢おられますので、心の通った親睦と地道な奉仕を通じて更なる社会貢献を進めていけるものと確信します。会員各位のより充実した人生と職業の発展を願うと同時に、向う一年、よろしくご支援・ご協力の程をお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。