2015 – 2016年度 会長挨拶

新年度を迎えて
会長 冨田 薫
丁度巡り合わせで、東京銀座新ロータリークラブの今年度会長を務めさせて戴く事になりました。歴代会長、諸先輩が築いてこられた、伝統と文化を継承しつつ時代の変化に対応し、会員の皆様がよりよいクラブライフを送れる何かを提供してゆきたいと思います。
2015-16年度、RI会長K.R.ラビンドラン氏のテーマは「世界へのプレゼントになろう」(Be a gift to the world)です。スリランカ出身の新会長は人の価値は生前の富や名声できまるのではなく、どれほど、人に与えたかによって判断されると述べています。苦しんでいる人に背を向けずに、実際に何かしてあげましょう。「己の才能は天から授かったのも」と言われます。その授かったものをお返しするのですと強調されています。
強調事項は①End Polio now,②会員増強、③ブランド力の強化です。
これを受けて、2750地区ガバナー水野 功氏の掲げる地区運営方針は「未来に向けてロータリーの原点?心を大切に」Back To Basics For Our Future です。
地区強調事項は ①クラブの会員基盤の強化、②公共イメージと認知度の向上、③ロータリーリソースとオンラインツールの積極的活用です。又会員増強は純増5%以上、ロータリー財団への年次寄付を一人150ドル以上、ポリオプラス指定寄付、恒久基金(ベネファクター)、大口寄付、米山記念奨学金への支援目標を掲げています。
当クラブとしては、地区水野ガバナーが『最近の風潮である拡大、拡大でなく、気持を一緒にして、クラブを強くしてクラブライフを楽しもう。』と述べられた事に則り、創設以来の理念である「和やかで、楽しく、格調高いクラブ」に磨きをかけ、今年の当クラブの方針である「ロータリー活動を通して、得難い経験をし、得難い仲間をつくろう」を目指したいと思います。
その為には、「全員参加?参画」が基本ですが、親睦行事をより充実し、さらに同好会活動も活発化してゆく所存です。また、よき伝統を守りながらもRIの方針である時代の変化にも対応し、当クラブのガラパゴス化は避けるつもりです。
社会貢献等と余りカッコよい方針を言うつもりもなく、会員相互が楽しむ事を第一と考え、それに当クラブに見合った社会奉仕を付け加えてゆばいいのではないかと思います。
具体的には各委員会の「方針と計画」に基づいて運営することになります。
1. 和やかで多様な例会運営(夜間例会も増やす)、細やかなビジター対応
2. 多彩で充実した親睦活動
3. 同好会活動の活発化
4. 会員数の5%純増
5. 職業と通じた奉仕と研修の推進
6. 植樹(Rotary Dayとしたい)、清掃活動その他の社会奉仕
7. 形を変えた国際奉仕(来日中のアジアの語学留学生に日本最新技術を見せる)
8. 財団?米山奨学事業への寄付?支援
9. 会報?情報の共有、広報の充実、プログラム等に余り知識のない委員でも入力、変更出来るホームページの導入を検討。
10. 卓話の充実
当クラブは心豊かで有能な会員が集まられているので、既に各会員の職業を通しての奉仕は十分なされていると確信します。今年一年のご指導、御鞭撻を宜しくお願い致しますと同時に「ロータリー活動を通して、得難い経験をし、得難い仲間をつくろう」を目指して、ロータリーライフを楽しんで戴きたいと思います。

コメントは受け付けていません。