2022-2023年度 会長 平田 和俊

2022−23年度会長を拝命いただきました。これからの一年間よろしくお願いします。

国際ロータリー ジェニファ・ジョーンズ会長は「IMAGINNE ROTARY」(優しさ、希望、愛、平和のある世界を想像しましょう)、第2750地区富澤ガバナーは「ロータリーを広げよう」をスローガンにされました。お二人のテーマを受けて東京銀座新ロータリークラブは「全員参加で、ロータリーを楽しもう」を運営のスローガンにしました。

この3年間はコロナ禍のため、十分な活動ができず、その間に入会された方々にロータリーを理解していただく機会も少なかったと思います。今年度はこの3年間を取り戻すべく、ロータリー活動を再開しますので、多くの方に参加いただき、運営にもご協力いただき、大いにロータリーを楽しんでいただきたいと思います。

本年度は創立35周年を迎えます。創立以来のチャーター会員とともに、新しい会員、女性会員も大幅に増え、クラブ運営でも大いに活躍していただいています。創立以来の「和やかで、楽しく、調和のとれた格調あるクラブ」の伝統を守りながら、新しい時代に向けた取り組みも進めていきます。

コロナ禍もようやく収束が見えて来たのかと思われますが、世界ではロシアのウクライナ侵攻から、世界秩序も大きく揺らいでいます。そんな中で、IMAGINE ROTARYのスローガンの下、ロータリー活動を通じて、世界の平和に貢献できることを念じて、この一年を運営してまいります。

重点目標

1 例会の充実 話題性のある楽しい卓話、会員間の交流、創立記念例会、夜間例会、

 ファイヤーサイドミーティングの開催

2 奉仕活動 社会奉仕(築地川公園の植樹、檜原村植樹、銀座通り清掃、子ども食堂支援)

 国際奉仕(ペシャワール会への支援、銀座RACのヒマラヤ支援)

 職業奉仕(川越まちづくり研修)

 青少年奉仕(RAC活動のバックアップ)

  ロータリー財団、米山奨学金への寄付

3親睦活動 ビアパーティー、忘年家族会・親睦家族旅行の開催、活発な同好会活動

4クラブ戦略会議(持続可能な運営の検討)、情報委員会(HPの充実と活用の推進)

5会員増強(6名以上の会員増強で80名の維持)