会長挨拶

   2018 – 2019年度 会長挨拶

クラブ運営の方針と計画

会長 福田 親男

2018-19年度国際ロータリー(RI)のバリー・ラシン会長の方針は「インスピレーションになろう」(Be the Inspiration) というもので、これを合言葉に世界中のロータリークラブが方針を策定することになります。それを受けて、2750地区の服部陽子ガバナーは「変化を生み出すためにもっと何かをしよう」「力を発揮しようという意欲を相手の心に起こさせる存在になること」と表現し、「より良い世界を作りたいなら、……計画や任務の割振りより先にインスピレーション(実現したいという意欲を高めること)から始めよう」とラシンRI会長の言葉を引用しています。

昨年度のRI会長ライズリー氏の方針は「変化をもたらす(Making A Difference)」でしたので、RIのトップはロータリー活動の停滞解消をテーマにしていると思います。それでは、何をもってインスピレーションと考えるか、ですが、これは各クラブや各会員がそれぞれ考えることであって、それぞれのベクトルの方向の一致をもってクラブのインスピレーションと考えるものと思います。

私の仕事は当クラブにおけるインスピレーションの相互調整役と思いますので、奉仕活動の具体化にあたって、一人では限度のあることでも、集合する時の相乗効果や継続性から来る付加価値を重視しながら、会員相互の結びつきを強めたいと考えております。総花的な活動は成果に劣ると思います。奉仕の典型はポリオ撲滅の活動に見られます。多方面にわたる環境保全も重要なテーマになっていきます。

そのためには、従来踏襲されてきた活動も微妙に変化することになると思います。当クラブも長期間にわたりその歴史を作ってきた会員の平均年齢が上昇する一方で、この5年間を見ても入会期間の短い会員が全体の4割を超えるなど、その結果として30年前の創設時代とは異なる価値観を有効に実現することも重視すべき時代に入っています。時として、具体的な運営方法が変化したとしても、創設以来の「和やかで楽しく、調和のとれた格調のあるクラブ」を維持することに異論があるとは思えませんので、新しい「息吹」が見えた時にはそれを消化する心意気を持って頂きたく思います。今期の委員長には、過去の経験と新しい発想を併せ持つことを求めております。皆さんが「インスピレーション」を発揮しやすい環境づくりが一つのテーマになりますので、よろしくお願いいたします。

<同好会>

  • 囲碁同好会
  • 陶芸同好会
  • ゴルフ同好会
  • 歌舞伎鑑賞同好会
  • グルメ同好会
  • 俳句同好会
  • カラオケ同好会

過去の卓話


コメントは受け付けていません。