クラブ概要

東京銀座新ロータリークラブの概要
Outline of Tokyo Ginza New Rotary Club

名称東京銀座新ロータリークラブ
所属地区国際ロータリー第2750地区
グループ銀座・日本橋グループ
区域中央区の内、八重洲通り以南、新大橋通り以西、及び八丁堀1丁目の新大橋通り以西
例会場コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル東京都中央区銀座6-14-10
TEL:03-3546-0111 FAX:03-3546-8990
例会日金曜日 12:30-13:30
事務所〒104-0061 東京都中央区銀座8-12-10 銀座槇町ビル7階
TEL:03-3541-2581 FAX:03-3541-2406
NameTokyo Ginza New Rotary Club
Belonging districtRotary International District 2750
GroupGinza and Nihonbashi group
DistrictWithin Chuo-ku, south of Yaesu street, south of Shin-ohashi street, and south of Shin-ohashi street on 1st Hacchobori.
Regular meeting placeCourt yard Marriott Ginza Tobu Hotel6-14-10、Ginza,Chuo-ku,Tokyo JapanTEL:03-3546-0111 FAX:03-3546-8990
Regular meeting datefrom 12:30 to 13:30 on Friday
OfficeGinza Makicyou-Buldg.7F,8-12-10,Ginza,Chuo-ku,Tokyo,Japan TEL:03-3541-2581 FAX:03-3541-2406

クラブのバナーについて
About the club banner

明治5年の銀座火災の後、東京府が煉瓦街建設を布告。
イギリス人技師の指導のもとに日本で初めての西洋風煉瓦街を建設し、銀座発展のもとになった煉瓦家屋は二階建、バルコニー付き、フランス窓などと様式が統一され、京橋~新橋間の大通りには明治7年12月に85基のガス灯に灯がともされた。
伝統ある銀座のシンボルとして、煉瓦とガス灯をモチーフにしたもの。
After the Ginza fire disaster occurred in 1872, Tokyo Prefecture declared the construction of brick town.
The first western style brick town was constructed in Japan with assistance from a British engineer. All the brick houses were built with two stories. balcony, and French windows, and these houses became the origin of Ginza development. In December 1874, 85 gas lamps were lit along the main street between Kyobashi and Shinbashi.
The symbol of traditional Ginza which is designed from brick and gas lamp.

コメントは受け付けていません。