ロータリー4つのテスト

言行はこれに照らしてから
─ Of the things we think, say or do ─

職業倫理について世界で最も広く印刷され、引用されている文章の一つに、ロータリーの「四つのテスト」があります。

これは、1932年にロータリアンのハーバード J. テイラーが、当時破産の危機に直面していたシカゴにあるクラブ・アルミニウム社の経営を引き受けるよう要請された時に創案したものです。

経営難のこの会社を救う方法を模索していたテイラーは、従業員全員が仕事において守るべき24単語の倫理規定をつくりました。この「四つのテスト」が販売、生産、宣伝、業者・顧客関係における指針となり、会社は倒産の難を逃れましたが、その理由はこのシンプルな哲学に負うものでした。

ハーバード J. テイラーは、1954-55年度の国際ロータリー会長となりましたが、この四つのテストが1943年にロータリーに採用され、その後、100カ国語以上に翻訳され、何千もの形で発行されてきました。このメッセージはすべてのロータリアンが知り、守るべきものです。

  • a) それは真実か?
    (Is it the TRUTH ?)
  • b) それはみんなに公平か?
    (Is it FAIR to all concerned ?)
  • c) それは好意と友情を深めるか?
    (Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS ?)
  • d) それはみんなのためになるかどうか?
    (WIll it be BENEFICIAL to all concerned ?)

コメントは受け付けていません。